これからは裸眼で快適に生活

これからは裸眼で快適に生活



これからは裸眼で快適に生活ブログ:15年09月15日


みなさんは
「国立病院減量」という減量法を、
聞いたことありますか?

これは、
タジキスタンの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
タジキスタンにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
この減量方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院減量には
おかしな点もあります。

この国立病院減量とは、
どのような方法なのかというと…

と14日間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
減量法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくい身体になるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しい減量法だと思いませんか。

実際に
この減量法を試してみた人の話では…

二日間は頑張ってみたそうですが、
3日目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、身体の調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院減量のほかにも、
怪しい危険な減量方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

身体を悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。



これからは裸眼で快適に生活

これからは裸眼で快適に生活

★メニュー

レーシックの安全性は非常に高い
レーシックはどのように行われるのか
何よりもクリニックのサポート体制に注目
手術なので確実に成功するとは限らない
これからは裸眼で快適に生活
レーシック治療の実績数は要チェック
割引制度を利用してレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
日帰りで出来るレーシック手術
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック情報盛りだくさん情報ガイド