まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。





まだまだ新しい技術のレーシックブログ:22年01月16日

育児をしている時は、
お子様が何かしてきたら、
大袈裟に褒めるということが非常に大事!
通常の褒め方では駄目なのである。

お子様は自分の親が大喜びしているのが解ると、
脳の限界を取り払って、
脳のシナプスを一気に増やすことができるのである。

気をつけるべきは、
夫婦のどちらかが親馬鹿になってしまい、
夫婦の一方が白けてしまいチャチャを入れること。

これは夫婦としては正常の反応であっても、
育児においては非常に有害なのだ。

夫婦のどちらかが親馬鹿になっているのなら、
自分も一緒になって親馬鹿になってしまうくらいの
心意気が必要なのである。

都市部で暮らしていると、都会の刺激が強いために、
どうしても白けてる人々が大量に出てきてしまう。

奥さんが親馬鹿になっても、夫がツッコミを入れて来るし、
夫が親馬鹿になると、奥さんがツッコミを入れて来て、
親馬鹿になる機会を失ってしまう…

そうすると
お子様は脳のシナプスを増やすことができず、
頭が悪くなってしまうのだ。

お子様は誕生から6歳までの間、
日々、必ず何かしら仕出かして来るのだから、
夫婦が交互に何かを見つけて、大袈裟に褒めてしまえばいい。

大袈裟に褒めれば褒めるほど
お子様の脳のシナプスが増えるのだから、
非常に頭の良いお子様に育ち、その後の子育てが非常に楽になるのである。

とは言え、
夫婦はいつも元気一杯でいられるわけがない。

奥さんは育児疲労で疲れ切ってしまうこともあるし、
夫は勤続疲労で疲れ切ってしまう時もある。

なので、
奥さんが疲れていたら、奥さんを休ませて、
その間、夫がお子様に対して親馬鹿になっていればいい。

夫が疲れていたら、夫を休ませ、
その間、奥さんがお子様に対して親馬鹿になっていればいいのだ。

まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

レーシックの安全性は非常に高い
レーシックはどのように行われるのか
何よりもクリニックのサポート体制に注目
手術なので確実に成功するとは限らない
これからは裸眼で快適に生活
レーシック治療の実績数は要チェック
割引制度を利用してレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
日帰りで出来るレーシック手術
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック情報盛りだくさん情報ガイド