まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:21年04月05日

ご飯の時間をしっかり確保すれば、
息子はきちんと咀嚼するようになる。

家族揃ってご飯をしているのに、
息子に「早く食べなさい!」と急かしてはいけない!

息子が追い立てられるように食べれば、
そのしわ寄せが咀嚼回数の減少に繋がり、
食べ物を噛まずに飲み込むということをしてくる。

午前中は
集中力が高くなっている時間帯なので、
ママは、
この時間帯に家事の大半を
こなしてしまうのが望ましい。

ご飯は一日3回あっても、
満遍なく時間をかけるのではなく、
夕食に重点を置くようにしよう。

7時食や午後食は軽い料理で済まして、
夕食だけ時間をかけて作れば、
料理をする疲労が蓄積されなくて済むようになる。

また
ご飯中は絶対にテレビを見てはいけない。

ご飯中はテレビを消して、
会話するようにすれば、
意識はご飯をすることに集中してくるので、
自然と咀嚼回数が増えて、顎がしっかりと発達してくるのである。

自分の息子がどうもバカだと思うなら、
その息子の頭の良し悪しよりも…

実は連日早食いしているからこそ、
顎を発達させることができず、
脳を大きくさせることができないということに
ママは一刻も早く気付くべきである。

堅い物を食べさせて、
咀嚼回数を多くしていけば、顎が発達するのだから、
自然と脳を大きくしていくことができる。

そうなれば息子の知能も
自然と高くなっていくのである。

息子の中には
やたらとご飯時間の長い息子がいるものだが、
そういう息子は将来非常に有望な息子である。

この手の息子はご飯の際、
いつもくちをモグモグさせているので、
異様なまでに咀嚼回数を多くすることができ、
顎がしっかりと発達し、高い知能を持つことができるようになるのだ。