まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:21年09月13日

今日は久々に筆が進みそうです。


「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋やうでや背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

おいらの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

口に入れたら最後、
口の中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
昼食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
おいらはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ−ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「口の水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

じゃんじゃん