レーシックはどのように行われるのか

レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。

 



レーシックはどのように行われるのかブログ:21年04月09日

疲れたときや思考が滞りがちな時、
みなさまは
うでを上に伸ばして
「うーん!」と
「伸び」をしたりしてませんか?

「伸び」って
結構、気分転換になるんですよね〜

あたくしたちが無意識のうちに行っている「伸び」ですが、
実は、からだの緊張を解き、血流をよくしてリラックスできる、
とても効果的な動作なんですよね。

からだのいろいろな部位を伸ばす
「ストレッチ」は、「柔軟体操」とも呼ばれ、
体操前の準備体操や体操後のクールダウンだけでなく、
健康増進を目的としても行われています。

年齢を重ねるごとに、からだは固くなっていくもの。

なので
毎日意識して、
日頃あまり動かさないところも伸ばしてみましょう。

からだを伸ばすと柔軟性が高まるのはもちろん、
血液やリンパ液の流れがよくなり、脳や神経を活性化し、
おまけに筋肉を鍛えることにもなります。

つまり、からだを伸ばし柔らかく保つことは、
老化を防ぐことにもつながるのです。

現代の生活では、
テレビの凝視、パソコンや携帯電話の操作、車の運転など、
同じ姿勢でいる時間が長く、
からだのいろいろな部分にコリが溜まりがちです。

大きな筋や関節をはじめ、
指や足などからだの先端に至るまで、
無理なくこまめに「伸び」をさせ、柔らかく保ちたいものです。

ちょっとしたすきま時間を利用して、
歯磨きや手洗いと同じように、習慣づけられると良いですね。

休日には家の中に引きこもっていないで
外に出かけて、
緑の中で気持ちよく「伸び」をすると、
からだだけでなく、心まで柔らかくなれそうですよね。

明日はいい日かな〜