事前にレーシックの給付金を確認

生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります。
そのような場合には事前に手続きを申請しておく必要があります。

 

あなたが加入をしている生命保険や医療保険などがレーシック手術の補償がされるかどうかをまずは確認しておきましょう。
保険会社の担当者、またはホームページをしっかりと確認して、レーシック手術対象となるかをチェックしましょう。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 最近におきましては保障の対象外に指定をしている保険会社も多くありますので注意が必要です。
ハッキリとわからない時には、加入をしている保険会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。

 



事前にレーシックの給付金を確認ブログ:21年09月07日

減量を始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「減量しよう!」
    ↓
「減量成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、知り合いも増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、減量に成功し、
それが自分に自信をもたらし、知り合いが増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

減量に成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「減量成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

一ヶ月に3kg痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
1年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初に減量を始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それは俺もそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するための減量は、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちた俺…
知り合いと楽しく話をしている俺…
好きな知り合いと腕を組んで歩いている俺…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!