レーシックの安全性は非常に高い

レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方におきましては、まだレーザー治療で視力回復するのに不安を抱いている人が大勢いるのです。

 

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的には、合併症などの心配を指摘している専門家の意見もあることから日本でのレーシックの普及はまだまだ発展途上と言えます。
視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。 レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
最新の治療機器が揃っており、またアフターフォローも充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。

 



レーシックの安全性は非常に高いブログ:21年04月16日

一週間くらい前の夕方、
父親はひどく酔っ払って帰宅しました。

この日、父親の機嫌は良くなく、
また普段は超無口ですが、
酔うと同じことを何度も繰り返す…
うっとおしい状態になっていました。

そして、
「腹減った。メシ」
と、ウエストなんて減ってもないくせに、
母に言いました。

すると母は…
何を血迷ったか、冷めたハヤシライスを父親の前に出しました。

「こんな冷めたハヤシライス食えるか!」
と、少々怒りを感じた父親。

それを受けて、母はハヤシライスの皿を引き取って、
電子レンジに入れました。

…が、ここからが、問題行為なのです。

電子レンジに入れたかと思うと、
母は、温めを押して20秒もしないうちに取り出して、
温まってないハヤシライスを父親に出しました。

この行為に、
普段はとても大人しい(というか、何を考えているか分からない、無愛想な)
父親がキレてしまい…

「こんなもん食えるか〜」
と言うと同時に、茶碗や皿を投げつけました。

すると、怒りを逆なでするかのように
「僕、美味しく食べれるもん」
と、意味不明の弁解をする母。

父親の怒りは母に向かい、平手打ち!!

それを目の当たりにした弟は逆切れし、
父親に向かって
「お前、男が女に手を上げるって、どういうことか分かってるんかぁ!!」
と、弟が父親を殴ろうとした瞬間…

「息子が両親を殴るのはもっと最低な事や!!」
という、(弟が言うには)正義の心の声が聞こえ…

弟は自分の頬を
バッチンバッチンと自分で殴り始めたのです。

そんな弟の行動に
空いたくちが塞がらない父親と母は、
すっかりケンカをしていることすら忘れたようでした。